実際にダイエットサプリを購入し、試してみたことをレビューしてます。

食事

アミノ酸がダイエットに効果的なワケ。

更新日:

アミノ酸って、よくスポーツ飲料やダイエット系のサプリメントなどでよく見かける成分ですよね。

何となくダイエットにいいんだろうけど…いったい何がどういいのでしょうか?

今回はそんなアミノ酸初心者さんに向けて、アミノ酸がダイエットにいいとされるわけを丁寧にわかりやすく説明していきたいと思います。

アミノ酸とは一体?

わたしたちのカラダの約60%が水分というのは、あまりにも有名な話。
では、残りは一体何で出来ているのか?

それは、タンパク質といったアミノ酸なんです。

“といった”という表現をしたのは、実はたんぱく質を構成している成分はアミノ酸だからなんですね。

20種類ものアミノ酸から、タンパク質はできているんですよ。
身体の中の筋肉や内臓、骨や血液、それに髪やお肌に至るまで…。

わたしたちの体のありとあらゆる重要な部分は、タンパク質、すなわちアミノ酸でできているんです。

アミノ酸がダイエットにもたらす効果とは?

続いては、アミノ酸がダイエットにもたらしてくれる働きをご紹介します。

アミノ酸がダイエットにいいワケ

  1. 脂肪を分解してくれる酵素の1つ“リパーゼ”の働きをサポートしてくれる
  2. 疲れがたまりにくくなるため、ダイエット中の運動効率アップにつながる

大きく挙げると上記2つ。

だからジムで運動中に気軽に飲めるようなスポーツドリンクや、ダイエット系のサプリメントなどでよく“アミノ酸配合!”といったワードを見かけるんですね。

ちなみにダイエット目的で運動時にアミノ酸を摂取する場合は、タイミングとしては“運動前”がオススメです。

上記でご紹介したリパーゼの効率アップに働きかけてくれますので、より一層の脂肪燃焼が期待できます。

さて。
とはいえ、実は上記2つの効果をどのアミノ酸もが完ぺきにこなしてくれると思ったらそれは違います。

もう少し掘り下げてみていきましょう。

アミノ酸には2種類存在する

わたしたちの身体を作っているアミノ酸には、20種類存在すると先ほどお話ししましたよね。

実はこのアミノ酸も、大きく以下の2種類に分けることができます。

必須アミノ酸

  • 20種類のアミノ酸の内、9種類のアミノ酸のことを言う。
    (イソロイシン、ロイシン、メチオニン、トリプトファン、リジン、バリン、ヒスチジン、トレオニン、フェニルアラニン)
  • 自分自身で作りだすことができない。
  • 食事やサプリメントなどで摂りいれなくてはならない。

非必須アミノ酸

  • 20種類のアミノ酸の内の、必須アミノ酸を除いた11種類アミノ酸のことを言う。
    (アスパラギン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、グリシン、グルタミン、グルタミン酸、システイン、チロシン、セリン、プロリン)
  • 自分自身で作りだすことができる。

カタカナがたくさん並んで、頭が痛くなっているかもしれませんね。(笑)

そして名称からしても「非必須アミノ酸」は、じゃあ特別食事などからとらなくてもいいのかと勘違いしてしまうかも!?
ですがそれは間違いです。

非必須アミノ酸も、もちろんわたしたちの体にはなくてはならないもの。
食事などで摂りいれるべき大切な栄養素です。

非必須アミノ酸の中には準必須アミノ酸と呼ばれるものもあり、不足しやすいものもあるんです。

システインなんかがこれに当たります。
とは言え、今回は非必須アミノ酸のお話はこれくらいにして…。

ダイエットを考える上でキーポイントになってくるのは、必須アミノ酸の中でも特に『バリン・ロイシン・イソロイシン』の3つ。
通称BCAAなんです。

BCAAってなあに?

続いては、BCAAについてわかりやすく簡単にご説明していきます。

BCAAってどんなアミノ酸なの?

  • 人間の筋肉の中のたんぱく質に多く含まれている必須アミノ酸たち。
  • ランニングや筋トレ等の運動時に筋肉のエネルギー源となってくれる。
  • BCAAが不足してしまうと、自分自身の筋肉内のBCAAをエネルギーとして使ってしまうので、筋肉を分解してしまう。
  • 筋肉が分解され始めてしまうと、筋力の低下につながる。
  • 筋力の低下は基礎代謝ダウンにつながる。

つまりは、ダイエットする上ではBCAAはかなり大切なアミノ酸だということがわかりますよね。

せっかく運動しているのに、筋力の低下が始まってしまっては元も子もありません。
基礎代謝アップ、ダイエットのための運動なのに…もったいない!

アミノ酸はバランスよく摂取する必要がある

“じゃあ、アミノ酸を摂取すべくスポーツドリンクやサプリメントを飲もう!”
もちろんこれも大正解です。

ですが、おすすめとしては更にプラスアルファでアミノ酸スコアを活用してあげること。

アミノ酸スコアってなあに?

  • タンパク質の栄養価を示す値の事。
  • 食品に含有されている必須アミノ酸の量を算出している。
  • 数値の上限が100と設定されており、数値が高ければ高いほどアミノ酸がバランスよく含まれている。

必須アミノ酸は、自分自身で作りだせない9種類の必須アミノ酸のうち、1つでもかけてしまうと効果は半減してしまいます。

作り出すタンパク質量も少なくなってしまうんです。

9種類そろっているからこそ、タンパク質をしっかり体内で作りだすことができるんですね。
つまりは、バランスが何よりも大切なんです。

毎日の献立―アミノ酸スコアを意識して

アミノ酸をバランスよく摂取するためには、アミノ酸スコアをチェックしながら献立作りするのがオススメです。

アミノ酸スコア一例

鶏肉…100
豚肉…100
鶏レバー…100
アジ…100
牛乳…100
卵…100
ヨーグルト…100
精白米…65
玄米…68
食パン…44
トマト…51
りんご…56
キャベツ…53
じゃがいも…73

主に肉類や魚類は、高タンパク質食品ゆえにアミノ酸スコアも100。
タンパク質がアミノ酸の複合体という話は冒頭でお話ししましたよね。
そういった理由からです。
逆を言えばタンパク質をほとんど含まない野菜や果物は数値が低くなっています。

例えば、トマト単体だとアミノ酸スコアは100に満たないですよね。
ですがキャベツと組み合わせれば、アミノ酸スコアはアップ!

しっかり体内でタンパク質を作りだすことができるんです。

ですので、できればバランスよく沢山の食材を摂りいれた献立作りを心がけてみましょう。

なかなか難しい場合は、先ほどもお話しした通りサプリメントで補ってあげてもいいでしょう。

いずれにしても、アミノ酸と上手に付き合っていくことがダイエットの成功のカギと言えるのかもしれませんね。

アミノ酸は食事からも摂れますが、カロリーを気にするあなたにオススメなのが、サプリメント。
食事と違って、持ち運びがラクですし、運動前にサッと飲めます。

わたしのオススメは、「三黒の美酢」。
1度チェックしてみてくださいね♪

-食事

Copyright© ダイエットサプリ口コミランキング|20代OLメイが選ぶオススメ , 2018 All Rights Reserved.