実際にダイエットサプリを購入し、試してみたことをレビューしてます。

よくある質問

下痢症の人が便秘解消系のサプリを飲んだら、更に下痢がひどくなる?

更新日:

便秘と下痢を繰り返している人や、慢性的に下痢という人が「もし便秘用のサプリメントを飲んだらどうなるんだろう・・・」と考えたことがある人もいるかもしれませんね。

 

しかし全ての便秘に良いサプリメントが下痢に対して良くない結果をもたらすのでしょうか?
下剤の種類、なぜ下痢になるのか、どんなものは下痢症の人にとってマイナスとなるのかを紹介します。

 

そもそも便秘薬とはどんなものなのか

トイレの中。便器やトイレットペーパーなど。便秘薬といわれる瀉下薬(便秘薬・下剤)には、機能性下剤と刺激性下剤とに分けられます。
どのように違うかというと、機能性下剤は、便中の水分を増やして排便させやすくする薬で、刺激性下剤とは、小腸や大腸に刺激を与えて蠕動運動を促すタイプの薬となります。

 

刺激性下剤の成分

  1. アントラキノン系
  2. ジフェニルメタン系

 

アントラキノン系

刺激性下剤の成分には「アントラキノン」という成分があります。
これは強い効果が期待できるため、便秘がひどい人などに向いています。
常用してしまうと、大腸メラノーシスの症状の危険性があり、腸の働きが悪くなったり、より便秘が悪化する場合があります。

 

これらアントラキノン系の代表的なものは「センナ」「大黄(漢方薬)」「アロエ」などの昔から使われている生薬や、これらの生薬より抽出されたセンノシドのエキスで作られた薬がアントラキノン系の下剤となります。

 

ジフェニルメタン系

新しい薬剤でもあり、アントラキノン系よりもより穏やかな効果があるもので、下剤特有の腹痛などの症状が少ないとされています。

 

特に市販薬に使われているのが「ピコスルファートナトリウム」というもので、子供からお年寄り、妊婦さんの便秘の処方箋にも使えるほど優しいとされています。
薬の形も錠剤からシロップまであり、多くの人に使われている薬です。

 

もう一つ「ビサコジル」という成分がありますが、一番即効性があるものの腹痛などの副作用が多いと言う点があります。

 

下痢になる原因ってなに?

  1. 消化不良
  2. 食べすぎ
  3. 冷たい食品の過剰摂取
  4. ストレス
  5. 過敏性腸症候群
  6. 病気

 

消化不良

体力の低下や、胃腸の負担となるアルコールやカフェインを多くとっている場合、胃腸が弱って消化不良を起こすことがあります。

 

特に胃腸が弱っている時にこれらを摂取すると下痢になることが多く、食事中や普段の水分補給がアルコールやカフェインだという人は、まずこの習慣を見直す必要があります。

 

食べすぎ

食べ過ぎて、仰向けになってお腹をさすっている女性のイラスト加齢と共に胃腸もやはり年を取っていくものです。
そうなると若いころとは同じような食事がつらくなってくる時もあります。
また年齢によっては必要なカロリーも変わるので、ついつい昔のように過剰に摂っていないかを見直す必要もあります。

 

冷たい食品の摂取過剰

アイスキャンディー3本

夏場だと特にアイスや冷たい飲み物を飲みすぎたり、冷房の効いた部屋で過ごしがちですが、そうやって内臓を冷やすことで下痢が引き起こされます。

 

ストレス

様々なストレスに苛まれている女性日々のストレスが大きい事で自律神経が乱れてしまうと、やはり体の機能にエラーが起こる事があります。
眠れないなどになるとやはり消化器の働きは疲れて鈍ってしまいますし、そのようなことが続くと下痢になることもあります。

 

過敏性腸症候群

ストレスが多く、下痢が長く続いたりする場合には過敏性腸症候群になっている可能性があります。
薬や精神的なストレスの解決が必要となります。

 

またこの場合には特に検査をしても大きな原因が分からないことも多く、分野としては
心療内科にかかることが多くなります。

 

病気

風邪をひいたり、感染症からも下痢を引き起こすことがあります。
また病気でも「クローン病」というものが若い年代に増えており、口〜肛門までの消化器官が慢性的な炎症を起こすというもので、下痢や腹痛の症状がほとんどです。

 

便秘に良いサプリに多く使われている成分とは?下痢症の人は飲めるのか

更に盛られた山盛りのサプリメント

  1. 食物繊維・難消化デキストリンを主にしたサプリメント
  2. ゴールデンキャンドルなどの緩下作用のあるハーブ
  3. 乳酸菌を腸に届けるタイプのもの
  4. ラクトフェリンなどの善玉菌を増やすタイプのもの

 

食物繊維・難消化デキストリンを主にしたサプリメント

下痢の人と便秘の人では合う食物繊維がちがっていて、便秘の人は「不溶性食物繊維」下痢の人は「水溶性食物繊維」を摂取することで腸内環境を整えることができます。
(水溶性食物繊維はワカメやこんにゃく、抹茶粉末、納豆などに含まれています)

 

また難消化デキストリンも食物繊維のひとつですが、これは便秘の人には便秘に、下痢の人には下痢に対して改善効果があるとされています。

 

ゴールデンキャンドルなどの緩下作用のあるハーブ

センノシドの成分があるため、お腹が緩くなります。
もともと下痢をしているのに、更にお腹を緩くするとよけいに下痢が悪化します。
お腹が弱い人は摂取しないか、摂取量にかなり気を付けなければなりません。

 

 

乳酸菌を腸に届けるタイプのもの

下痢になりやすい人は乳糖を分解する働きが弱い場合があり、逆に下痢になってしまう可能性があります。
下痢症の人が乳酸菌を主とした便秘解消サプリを飲むのはおすすめできません。

 

 

ラクトフェリンなどの善玉菌を増やすタイプのもの

こちらも乳酸菌と同じように、乳製品から抽出されたものなので、乳糖を分解できない人や乳製品のアレルギーがある人はそもそも体に合わない場合があります。
またよけいに腸が活発になってしまい下痢がひどくなる可能性があるので、あえて摂取する必要はありません。

 

下痢の人が飲んでもいいのは食物繊維(水溶性)・難消化デキストリンのもの

様々な便秘解消サプリがありますが、便秘の人が飲むものは基本的には下痢の人には向きません。

 

胃腸が弱っているところや腸内環境が整っていないところに、蠕動運動を促進するものや、緩下作用の強いもの、乳糖を分解しなければならないようなものを投入するとやはり体にとっては負担となりますし、下痢の症状が治らなかったり悪化する可能性があります。

 

その中でも水溶性食物繊維を使ったもの、難消化デキストリンのものであれば、下痢をしている人も飲んでも悪化せずにいることができますが、それらを使っているサプリメントには他の便秘に良いものを使っている場合が多いので、結果として下痢が悪化する場合があります。

 

それだけを使っているものがあれば使用しても問題はありませんが、サプリメントではなかなか見つからないかもしれませんね。

 

まとめ

ウインクしながら手を振っているメイ下痢も便秘も繰り返してしまう人も多いですが、便秘でも下痢でも、胃腸の状態を万全にしておかなければならないことには間違いはありません。

 

かといって便秘の時にだけ下剤を飲んで解消しても、やはり根本的な解決にはなりません。
自分の生活習慣を見直して、腸内環境を整え、冷やしたりしないようにすることが、どちらの状態にとっても大事なことです。

 

便秘でも下痢でも、体の状態が何かしら問題があることは確かです。
更に腸などに負担をかけすぎないように体を労わってあげましょう。

-よくある質問

Copyright© ダイエットサプリ口コミランキング|20代OLメイが選ぶオススメ , 2018 All Rights Reserved.