実際にダイエットサプリを購入し、試してみたことをレビューしてます。

食事

朝食抜きダイエットの効果は?メリットとデメリットを調べてみました

更新日:

こんにちは、メイです。

 

あなたは、朝食をきちんと食べていますか?
朝食抜きに関しては賛否両論ありますので、どちらの方がカラダに良いのだろうと悩んでしまいますね。

 

ダイエット中の朝食は摂るべきか、否か、そのことついて、今回は書きます。

他の人は朝食を摂っているのだろうか?

朝食を食べている人の割合ってどれくらいなのでしょうか?
気になるところですよね。
以下の図を参考にしてくださいね。

朝食をとる頻度の図出典:株式会社ドゥ・ハウス

朝食抜きのメリットは?

朝食を食べないメリットについて、まとめます。

 

  • 摂取カロリーが低くなる
  • 内臓の消化活動を休ませられる
  • 眠気や倦怠感に襲われない
  • 脂肪燃焼の時間が長くなる

摂取カロリーが低くなる

一食分減るわけですから、摂取カロリーは当然低くなります。

 

内臓を休ませることができる

喜んでいる胃

食べ物の消化・吸収には、大きなエネルギーを必要とします。
胃や腸は、消化のために休みなく働き続けると、疲れ果ててしまうので、休ませてあげることも重要ですね。

 

また、朝は排泄の時間とも言われていて、便通をよくするためにも朝食を摂らないことが勧められます。

 

眠気や倦怠感がないので、午前中のパフォーマンスが上がる

眠気や倦怠感がないので喜んでいる女性あなたも、ごはんを食べると眠くなったり、だるい感じがあるのではないでしょうか?
食事を摂ると血糖値が上がります。

 

その血糖値を下げるために、膵臓からインスリンというホルモンが出ます。
インスリンは、休息ホルモンとも呼ばれていて、これが睡魔を呼び起こすのですね。

 

脂肪燃焼の時間が長くなる

血糖値が下がると、空腹を感じます。
この空腹の状態は、糖分が足りないということですから、代わりに体内の脂肪が燃焼されます。

 

朝食を抜くデメリット

次に、朝食を抜くデメリットをまとめす。

  • 昼食後の血糖値が高くなる
  • 脳卒中、脳出血のリスクが高まる
  • 体温が上がらない

昼食後の血糖値が高くなる

朝に何も食べないと、昼食後の血糖値が高くなってしまいます。
これは、前日の夕食〜昼食までの間隔が空いてしまうことから起こります。

 

血糖値が高くなってしまうと、それだけ多くのインスリンが分泌されますから、消費しきれなかったブドウ糖が脂肪になります。

脳卒中、脳出血のリスクが高まる

2016年2月、国立がん研究センターと大阪大学の研究チームによる発表がありました。
すると、朝食を毎日食べている人と比べて、脳出血が36%、脳卒中全体で18%もリスクが高まるとされています。

朝食の摂取回数と脳卒中のリスクの図出典:国立がん研究センター 

体温が上がらない

温かい味噌汁や野菜スープなどを朝に摂ることで、カラダが目覚め、体温が上がります。
そうすることで、免疫力がアップし、またその日一日を燃えやすいカラダで過ごすことができます。

 

ということは、朝食を摂らないと体温を上げられないということですね。

まとめ

朝食を食べること、抜くこと、どちらにもメリットがあります。
体質や生活スタイルによっても変わってくるでしょう。

 

あなたのカラダと相談しながら、どちらの方がより快適か見極めてくださいね。

 

ちなみに、わたしは朝食抜きがほとんどです。
眠くて食欲がわかないことと、食べる時間をなかなかつくれないからです。
でも、たまにお腹が空いているときもあって、そのときは、青汁やチーズなどを軽く食べています。

-食事

Copyright© ダイエットサプリ口コミランキング|20代OLメイが選ぶオススメ , 2018 All Rights Reserved.