実際にダイエットサプリを購入し、試してみたことをレビューしてます。

食事

運動が苦手。運動しないでも痩せられる方法はある?

更新日:

こんにちは、メイです。

 

だんだん暖かくなり、露出をする機会も増えてきました。
半袖のTシャツから、肩の開いたチュニック、少し短めのスカートなど、冬にはチャレンジできなかったファッションを着こなせるようになりました。

 

でも、冬の間ダラダラしていたせいで去年の洋服はぱっつんぱっつん。
二の腕はプルプルと震えています。
心なしか、膝も埋まっているような……。

 

そう悩んでいる女の子も多そうですね。
でも、運動は苦手!
ダイエットはしたいけど運動はしたくない!
そんな人も多くいるでしょう。

 

ダイエットは何も運動だけではありません。
運動をしなくても痩せることができるんです。
それでは、運動をせずにダイエットをする方法を見ていきましょう。

 

運動をしなくてもOK!運動しなくても痩せる方法を3つ考えてみました

朝食前に背伸びする女性の後ろ姿

  1. 体重を記録する
  2. 30回噛む
  3. ストレッチ

 

体重を記録する

体重計に乗って一喜一憂するイメージイラストまずダイエットに必要なのは自分の今の姿に危機感を感じることです。 
「今のままではいけない!」
という強い信念がダイエットを成功させるのに必要です。

そのため、一日一回は必ず体重計に乗る癖をつけましょう。

 

可能であれば、アプリなどを利用して体重を記録しましょう。
アプリならばグラフとして見ることができるため、体重の変動がわかりやすいです。

 

体重は毎日同じではありません。
増えたり減ったりを繰り返しながら、平均値が徐々に下がってきていたらダイエットが成功しているということになります。

体重計とメジャー体重は朝と夜でも異なります。
そのため、できるだけ毎日同じ時間に体重計に乗ることによって正確に体重の変動がわかるようになります。

 

オススメは、朝ごはんを食べる前。
洗顔や歯みがきのように、体重計に乗る癖をつけましょう。

 

女性の場合、女性ホルモンの影響で月に1~2キロほど上下することが多いです。
そのことを考慮するためにも、生理前は太りやすいため体重が増えやすい、生理後は痩せやすいと覚えておくのも大切です。

 

生理前のドガ食いを抑えるだけでも、生理後は自然と体重が落ちやすい状態になっているので、痩せることができますよ。

 

30回噛む

ご飯を食べている若い女性運動もしたくないけど、食事を減らすと反動でドカ食いしてしまう……。
そんなお悩みの方も多いですよね。
しかし、食事制限をする必要はありません。
ただ、噛む回数を増やすだけでいいんです。

 

あまり噛まずに飲みこむ早食いが太りやすいのは良く知られていますが、これは脳が「満腹だ!」と感じるのには時間が必要なため。
十分の量を食べていても、脳がまだ満腹だと感じていないために食べる量が足りていないと判断してしまうのです。

美味しそうに食事を食べている若い女性のイラストそこで一口につき30回噛むことで、食事に時間をかけるようにします。
そうすると少しの量でも脳が「お腹いっぱい!」と判断するため、自然に食事の量も減ります。
無理に食事を減らす必要はないので、ドカ食いをしてしまう心配はありません。

 

また、食事をたくさん噛むことにより、栄養が吸収されやすくなるというメリットもあります。
少しの食事でお腹いっぱいになり、栄養もしっかり吸収されるなんて、一石二鳥ですね。

 

最初は一口30回噛むのは苦痛だと感じる方もいるかもしれません。
それならば、無理に最初から30回から始める必要はありません。

 

メイ
まずは一口15回噛むことから始め、慣れてきたなら20回噛む、25回噛む、30回噛むと段階を踏めばよいでしょう。 慣れてくると、一口30回噛む時間はあっという間に過ぎていきますよ。

 

ストレッチ

ストレッチしている若い女性のイラストへとへとに疲れる運動は疲れますが、ストレッチならば取り掛かりやすいのではないでしょうか。

 

ストレッチを行うことで身体が柔軟になり、筋肉にも刺激が行きます。
そのため代謝が良くなり、新陳代謝が上がり、何をしていなくても脂肪を燃焼しやすい身体へと変化が起きます。

 

ストレッチの効果が出やすいのはお風呂上がりですが、必ずやらなければいけないという義務感にとらわれていては毎日継続するのは難しいもの。
いつでも、どこでも、思い出したときに行うのがストレッチを続けるコツです。

ストレッチしている若い女性とリンゴテレビを見ながらストレッチを行ったり、料理のスキマ時間を活用してもいいですね。勉強の合間の気晴らしにストレッチをすることで頭も身体もリセットすることができます。

 

ストレッチのコツは普段使わない筋肉を意識すること。
ストレッチをすると刺激のある部分は普段の生活で使われていない証拠です。

 

しかし、急に強い刺激を与えると筋を痛めてしまうこともあるため、ほどほどを心がけましょう。

 

まとめ

ウインクして手を振っているメイ今回、運動が苦手な方のダイエット方法として体重の記録、30回の咀嚼、ストレッチを紹介させていただきました。
ダイエットのコツは無理をしないことと続けること。
一日一回でも難しければ週に三回からでも大丈夫です。

 

夏は自然と肌を見せる機会が増える季節になります。
せっかくなので、キレイな身体を見せたいですよね。
無理をせずにダイエットを継続することで、夏に向けて理想の身体を手に入れましょう!

-食事

Copyright© ダイエットサプリ口コミランキング|20代OLメイが選ぶオススメ , 2018 All Rights Reserved.